本文へスキップ

名古屋でインプラント治療をするなら口腔外科「てらもとファミリー歯科」へご相談ください。

電話でのお問い合わせは052-837-5255

愛知県名古屋市瑞穂区彌富通3丁目45-5

OAMインプラントシステム

他院で「骨が足りずインプラント手術ができない」と診断された方へ

他院にてインプラントができないと言われた方

 従来のインプラント手術では、骨が足りない場合にインプラントを埋め込むのは不可能でした。

 また、どうしてもインプラントを入れたい方は、骨を増やす特殊な手術(サイナスリフトやソケットリフト、GBRなど)が必要でした。

 しかし、O.A.Mインプラントシステムを使えば、痩せた骨にでもインプラントを入れることができます。


OAMインプラント手術法とは?

 OAMインプラント手術法では、骨を削るのために必要なのは0.5mmのドリルだけです。
 インプラント体を埋め込むために骨を最小限でしか削りません。また、骨に大きな穴をドリルで一気に開けることもしません。

 具体的な方法は、インプラント体を埋め込むのに必要な小さな穴を専用の器具(オーギュメーター)で少しずつ拡大して開けていきます。(この時、痛みはありません。)
 この穴を開けるのに伴い、骨の幅が広がり、盛り上ってくるため、骨を移植する必要がありません。

 このOAMインプラントシステムの特徴は、骨を削り取ってしまわないため、インプラント体を埋め込んだ後は、押し広げた骨が元へ戻ろうとします。その力を借りてカッチリとインプラント体を固定させることができます。

 このOAM手術法は痛い思いを最小限にくい止め、安全かつ安心に行うことができるインプラント手術法です。

O.A.Mインプラントシステムの治療の流れ

Step.1

インプラント 骨幅拡大 極細のドリル(直径0.5ミリ)でインプラントの 位置決めをします。
極細ドリルですので、全く痛くはありません。
歯科治療特有の嫌な音もありません。
時間にしたら僅か1秒程度です。

Step.2

インプラント 骨幅拡大 次に細いリーマー(手動のドリルみたいなもの)で専用器具の通り道をつくります。
手動ですから何も音がしません。
当然痛くもありません。

Step.3

インプラント 骨幅拡大 次から専用器具(O.A.Mオーギュメーター)を使い穴をひろげます。
痩せてしまった骨でも少しずつ広げるから太く、丈夫になります。
※注1:名古屋市立大学医学部で実証済。

Step.4

インプラント 骨幅拡大 太さを代えてだんだん穴を大きくしながら、さらに丈夫な骨にします。

Step.5

インプラント 骨幅拡大 必要な穴の大きさになるまで器具を取り替えながら徐々に広げていきます。(図3〜5)
骨を削らないから痛くありません。

Step.6

インプラント 骨幅拡大 骨とインプラント体が結合したら歯がはいります。
※注2:骨が丈夫になるからドリルを使用する手術より短い期間で歯がはいります。

OAMインプラントシステムの特徴

  • やせた骨でもインプラントができます。(骨の幅を広げるため、骨が足りない場合に骨を増やす特殊な手術が不要)
  • 骨をほとんど削らないので、痛みや腫れ、出血が少ないです。
  • 短時間で手術を終えることができます。
  • ドリルをほとんど使わないので、怖がりの患者さんも安心して快適に手術を受けて頂けます。

  • 患者様の症状によっては、OAMインプラントシステムが適用できない場合もあります。
    症例によっては、稀に従来のドリルを使うこともあります。

OAM先進インプラント認定医

OAM先進インプラント認定医の院長が責任を持って、カウンセリングから手術、アフターフォローまで行いますのでご安心ください。